読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内定取ったけど、やることがない

僕は大学4年生で、無事に志望企業から内定をもらうことができた。

このご時世、就職先が潰れる可能性だってゼロじゃないし、先に自分が潰れることだってありうる。もしかしたら他にしたいことが出てくるかも知れないし、就職が決まったからオールオッケー、とはいかない。

それでも、ひたすら怠惰な生活を送ってきた三流私大生としては概ね満足できる就職活動ができたので、ひとまずはよかったと思ってる。ほぼほぼ確実に4月から正社員として働くことができるだろう。

 

問題は4月までの期間だ。

 

僕は前期のうちに卒業に必要な単位を取り終えてしまい、今は全く講義がない。ゼミや研究室にも所属していないし、卒業論文や卒業研究もやる必要がない。

おまけにバイトもしていないので、現在の僕は生活だけは完全に無職同然だ。全くやることがない。

ブログも特別意思があったわけでもなく始めたけど、恐らく暇だったからだろう。

 

「学生のうちに遊んでおきな」なんてありがたい言葉をもらっても、友達も恋人のいない僕ができる遊びは限られている。少なくとも、そういう言葉をかけてくる人が想定しているような類の遊びはできない。

趣味も特になくて、本を月に数冊読む程度。だらだらネットサーフィンをする他に、一人でできる遊びもそれほど持っていない。

どこかに旅行に行きたいとも思わないし、短期留学にも興味がない。

 

僕みたいな学生はそれなりにいると思うんだけど、ネットでそういう人たちの意見を見てもあまり有益なものはない。大体だらだらして残りの学生生活を消費しているようだ。

丸4年間をだらだら過ごした僕にとって、そういう生活こそが自然ではあるんだけど、さすがに全くやることがないと苦しくなってくる。まさか自分が暇に悩まされる日が来るとは思わなかった。つい先日も、「暇だけど、退屈じゃない」なんて記事を書いたけど、冷静に考えると暇だし退屈だ。

 

そんな感じで、「残りの学生生活で何かをしたい!」という気持ちが強くあったでもないんだけど、まだ半年近く好きに使える時間があると思うと、「何かしたいなあ…」という気持ちが多少芽生えてきた。

しかし、その「何か」が見つからない。

 

恐らく、苦しさの最大の要因は、「自由に使える時間がありすぎること」なので、とりあえずバイトでもしようかなあ、とは思ったんだけど、そうすると、「本当にしたいことが見つかった時、それに注ぐ時間がなくなっちゃわない?」なんて心配もしてしまう。

あと、特に欲しいものもないし外にも出ないから、あまりお金が必要ないというのもある。どうせ4月から働くんだから、時給1000円足らずでせっせとバイトするよりは、ただゆっくりぼーっとする方がむしろ有意義なんじゃないか、と思わなくもない。

正直これは単にバイトをするのが面倒だから自分で言い訳してるだけだと思うんだけど、まあ一理ある。いや、バイトと並行してできないことなんて長期の旅行や留学ぐらいだし、お金はあったらあったで何かに使うし、一理もないんだけど。

 

 

 

うーん。

書いているうちにヒントがぽっと出てくるかな、と淡い期待を寄せていたんだけど、「とりあえずバイトでもすれば?」ぐらいにしかならないなあ…