読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球部、イラネ

野球部へ捧げるヘイトスピーチ - アァアアット

野球部の思い出 - アァアアット

 

2回にわたって、野球部へのヘイトを吐き出してきた。

「あんた、どんだけ野球部が嫌いなんだよ…」「野球部に何かされたのか?」「元野球部だけどおまえ●すよ」

そんな声が聞こえてきそうだけど、過去に野球部と揉めたとかそういったことは特にない。

ただ、日常的に不快だっただけだ。

 

健全な男子なら、学生時代に誰かと揉めたことの一度や二度はあると思う。

僕も、中学生ぐらいまでは殴り合いの喧嘩もしたし、高校生になっても口論は人一倍してきた。喧嘩の直後は、「むかつくな~ あいつ●なないかな~」と、ひたすらイライラしていたけど、時が過ぎれば怒りは収まる。今となっては、むしろいい思い出と言えなくもない。

 

しかし、継続的な、日常的な不快感は違う。

「担任がすごく嫌な奴で最悪だった」「いつも嫌味を言ってくるあいつのせいで毎日イライラしていた」そういった、日常的な不快感はずっと残る。

卒業した今でも、「あの頃は担任が嫌いだったけど、今となってはいい思い出だな~」とはならない。「あいつ本当に最悪だったな… 今頃●んでればいいな…」と今でも思ってしまう(僕だけだろうか)。

 

僕の野球部に対する嫌悪は、そういう類のものだ。

「いつも群れて調子に乗っていて不愉快だったな」「普段は素行が悪いし授業の邪魔もするくせに、体育の時だけ『ちゃんとやれよ!』とかブチギレてきて不愉快だったな」

そういう不快感は今でも残っている。

 

日常的なものでも、「担任が嫌い」「校則が厳しい」といったことは、学校を卒業(転校、中退)すれば、解消される。対象との関わりが完全に断ち切られるからだ。

しかし、「野球部」は違う。

 

街中の野球部員の不愉快さ、これは学校を卒業しても解消できない。いつまでも続く。

特に電車、っていうのはもう書いたか。

 

それだけじゃない。

これは本当に理解できないんだけど、なぜか元野球部はいつまでもそれをアイデンティティとして掲げ続ける。

「俺、高校球児だったからさ~」が枕詞の人間の多いこと。

「野球部だったら、こんな態度許されねえぞ」「野球部だったら、こんなの暴力のうちに入らねえよ」やたらと野球部基準を他人に押し付けてくる。

サッカー部やバスケ部では見たことないのに、なぜか元野球部はこういう人間が多すぎる。

 

いつまでも、「俺、東大出てますからね」とか言う東大生いる? いても叩かれるよね。

「18歳時点の学力をいつまでもアピールするなんて~」というのは学歴偏重社会への批判としてよく使われるけど、「18歳だか22歳頃までの部活」をいつまでもアピールしてる野球部はおかしくないの?

 

ていうか、そんなに自慢ならなんでプロにならなかったの? 野球で飯食っていけばよかったじゃん。

え? なれなかったの? え? なれそうですらなかった?

じゃあ、どうしていつまでもアピールしてるの? どうして?

 

 

 

 

僕の性格の悪さが隠し切れなくなったので、野球部編は今回で打ち切りです。

 

ロマンス、イラネ

ロマンス、イラネ