読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢の登場人物

今朝、久々に夢を見た。

まあ人間は寝たら大体夢を見るらしく、「最近夢見ないなあ」なんて思っても実際は見たのに忘れているだけだったりするので、久々ではないんだろうけど。

僕の場合、二度寝をすると大体夢の途中で目が覚めるので、起きても覚えていることが多い。

 

今日の夢は、元々背の高い中学時代の友人の身長が更に伸びていて、僕より頭一つか二つ分大きくなっていた、というものだった。

覚えているのはそれだけなので、彼はちょっと登場しただけなんだろう。ただ彼が出てきただけの、楽しくも怖くもなんともない、かなりどうでもいい夢だ。

 

彼とは中学生の頃にまあまあ仲が良くて、たまに一緒に遊んでいたんだけど、高校ぐらいから全く会わなくなった。

もっとも、高校生の頃は高校の友人とばかり遊んでいて、中学時代の頃の友人とはほとんど会っていなかったんだけど、彼とは卒業以来一度しか会っていないと思う。

元々めちゃくちゃ仲がいいというほどでもないし、友人の一人に過ぎなかった。今の僕をテーマに漫画を描いたとしても、中学時代編で1コマか2コマ登場する程度の存在だ。こう言ってはなんだけど、今となってはどうでもいい存在だ。

 

それなのにどうして彼が出てきたのかなあ、と考えると、僕の交友関係が狭すぎるから、これに尽きるだろう。

僕が大学に入ってから増えた友人・知人というのは、一時的なものを含めても30人にも満たない。その中でも、特別親しくなった相手というのはほとんどいなくて、大半はバイト先の同僚で、友人というより知人レベルだ。

そんなわけで、僕の夢に出てくる人物のレパートリーはかなり限られている。

 

たまに夢を見ると、出てくるのは家族や親戚が半分ぐらい。残りの半分は、昔の友人だったり、極めて希薄な関係の知人だったり。

家族が出てくるのはまあわかるんだけど、高校時代の大して仲がいいわけでもない友人の元カノが出てきた時なんかは、「なんでこの子が出てきたんだ…? これは何かを暗示しているのか…?」なんて思い巡らせていた。ただでさえ関係の薄い友人、その元カノに至っては一度どこかで会って数分話した程度だ。

1/3~1/4ぐらいはそういう夢だったので、意味がわからないなあ、と頭を抱えていたんだけど、ただ登場し得る人物が少ないだけだったんだ。

 

考えてみると、「ああ、彼とは最近もよく遊んでるし、夢に出てくるのは自然だなあ」という人間が見当たらない。ほとんどの人間関係を捨て、引きこもっているのだから当然だ。

僕の脳も必死になって誰を出演させるか考えているんだけど、ひょいっと簡単に出せるような人物がいないので、妙なセレクトになってしまうんだろう。もうネタ切れなんだ。

 

これからも、ファミレスの隣の席で喧嘩をしていたカップルとか、昔よく行ったコンビニの店員とか、大手芸能事務所顔負けのゴリ押し謎キャスティングの夢ばかり見るんだろうなあ…