読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実家にお金を入れるべきか

来年から社会人になるんだけど、しばらくは実家から通勤するつもりだ。

こんな記事も書いたけど、なんだかんだで実家暮らしの間は金銭的には余裕だな、と思いながら、「実家暮らし 支出」とか調べてたら、「実家に入れるお金」にぶつかった。

実家暮らしの社会人というのは、実家に毎月お金を入れるのが普通らしい。

 

恥ずかしながらよく知らなかったんだけど、どうやらこれは常識らしい。月3~5万ぐらいが相場のようだ。

「入社1年目なんて一流企業で残業しても手取り20万ちょっとじゃん。ちょっと痛くない?」と思ったものの、仮に5万としても都内ならワンルームの家賃になるかさえ厳しい額だ。光熱費や食費その他諸々を考慮すれば、5万でお昼以外の食と住を確保できるなら安いものだ。十分割に合う。

確かに実家にお金を入れるのは妥当に思える。

 

早速、夕飯の食卓で両親に伝えた。「毎月5万は家に入れるから、ひとまず数年は実家から通勤するよ。」

親の反応は意外だった。

「何言ってんだ。自分で貯金しろ。」父は顔色一つ変えずに言う。

戸惑いながら、「いや、社会人になっても実家に住ませてもらうんだから、それぐらいは入れるよ。」と言うと、父はこう返した。

「おまえが大学を卒業したら金の心配なんて一切ない。これからは金が余って仕方ないぐらいだ。家に金を入れる必要なんてないから、自分でしっかり管理しろ。」

 

なるほど、としか言いようがなかった。

僕は私立大学に通っていて、学費は全て親が払っている。確かに、僕が大学を卒業すれば年間100万は浮く。両親はこれまでより年間100万の余裕ができるわけだ。

家のローンもないし、僕と同様、両親にも特別お金がかかるような趣味はない。父はそれなりに稼いでいるし、まだ現役だ。既に老後を心配せずに済む程度の貯蓄はあると聞いたこともある。それも増える一方だろう。

両親の今後の生活は、少なくとも金銭面においては、確実にこれまでより豊かになる。

僕が、「これぐらい出して当然だよな。ちょっと痛いけど…」と若干惜しみながら出す5万も、特に使い道もなく貯金されるしかない。それが、いずれ遺産として僕に戻ってくるだけだ。相続税を考えれば、実家じゃなく税務署にお金を入れるようなものだ。

 

「気持ちが大事なんだよ」「けじめだよ」「今まで育ててもらった分ぐらい返せよ」「そもそもいい歳した男がいつまでも実家にいるのはおかしい」

ネットで調べる限り、お金を入れずに実家で暮らす社会人への目は厳しい。

「けじめ」というのはなんとなくわからなくもない。僕自身、必要性を感じないながらも、けじめとしてお金を入れるべきなんじゃないか、という気はする。なんとなくだけど。

しかし、現実的に実家にお金を入れる必要性が見当たらない。

 

年上の知人がほとんどいないので、僕と同じような状況で実家にお金を入れないケースを知らないんだけど(入れるケースも実際には知らない)、ネットを見ると本当に少数派のようだ。

嫌な表現をすると、実家に余裕がないのでお金を入れる、ということかと思ったんだけど、どうやらそういうことでもないらしい。明らかに裕福な家庭でも、20代前半の子供が決して多くない給料の中から実家にお金を入れている(らしい)。

 

やはり、けじめなのか? それとも、「実家にお金を入れないなんてありえない」という世論が強すぎて、世間体を気にして入れているのか?

うーん、よくわからない。

 

「けじめ」や「育ててもらった感謝」として、初任給やボーナスでプレゼントだとか食事に連れて行くだとかはするつもりだけど、お金も毎月入れるべきなんだろうか。

いらないと言われている以上、いいのか。それとも、無理矢理にでも渡すべきなんだろうか。

うーん…