読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卒業までに貯金を使い果たしたい

ここ最近、ほとんど買い物をしていなかったこともあって、貯金がぼちぼちある。

学生の貯金の相場がわからないのでなんとも言えないけど、まあぼちぼちだと思う。想定している卒業までの生活費を差し引いても、初任給よりやや多い程度の額が残る。

それをどう使おうかな、という話。

 

最近は無駄遣いをかなり控えていた。

というのも、現状バイトをしていないし、するつもりもない僕の貯金は減る一方。これがなくなると、いざ何かに使いたくなった時にどうしようもなくなる。

最悪、親に借りればいいんだけど、「資格の参考書が欲しい」とかならともかく、「あの服買いたくてさ~」なんて名目での借金は、親のすねが大好物の僕でもさすがに気が引ける。

「ちょっと欲しいけど、親に借りるほどのものでもないな… でも欲しいなあ…」というものを買うお金、それを残しておきたいと考えていた。

 

そんなわけで、なるべく貯金を減らさないように生活していたんだけど、気付いたら入社まで残り4ヶ月半。このままだと、貯金を使い果たすことなく社会人になりそうだ。

僕の内定先は、初任給で40万もらえるイカれたイケイケベンチャーでもなければ、30歳で1000万もらえるような超高給企業でもない。そう考えると、今から貯金しておいてもいいんじゃないの、とも思う。

 

それはそれで悪くない選択だと思うんだけど、僕はお金のかかる趣味もない実家暮らしだ。しばらくしたら実家を出るつもりだけど、それでも入社後にお金に困ることはあまりないと思う。

いや、あるに越したことはないけど、まあ別に学生時代から貯めておかなくてもなんとかなるでしょ、という感じ。

死ぬほどくだらなかった学生時代に死ぬほどくだらなかったバイトで貯めた金とは、学生のうちに決別したいという気持ちもある。ちょっと意味わかんないと思うけど、わかってくれる人いるかな。

それなら、「ちょっと欲しいけど、貯金を減らしたくないなあ」程度に考えていたものを買っちゃってもいいんじゃないの、それぐらいいいじゃん、もう使い切っちまおうぜ。そう思い始めた。

 

 

…と思ったものの、しばらく物欲をかき消していたせいか、欲しいものが思い浮かばない。

というか、会社で使うようなものしか思いつかない。ちょっといい靴、ベルト、ネクタイ、名刺入れ…

コートとか鞄は長く使えるものが欲しいしちょうどいい、と思ったんだけど、実際に働き始めてからじゃないと、どういうのがいいか感覚がよくわからない。周りに合わせるタイプだし。

 

財布なんかはオンでもオフでも使えるしアリかな、と思ったんだけど、今使ってるもので不都合はないし、あえて買い換えるほどでもない。

寒くなってきたし、ちょっといいアウターでも買おうかな、とも思ったんだけど、「働き始めてから、年に何回そのアウター着るの?」と考えるとためらってしまう。既にあるものとのローテーションを考えれば、片手に収まるほどしか着ないだろう。

そもそも僕、お外嫌いじゃねえか。どう考えても、学生時代以上に服を増やす必要はない。私服用の靴も鞄も、しばらくは買い足さなくていい。

 

 

楽天の期間限定ポイントじゃないんだから、欲しいものがないなら無理して買うことないでしょ、って話なんだけど、ちょっといいものを買った後ってテンション上がるじゃないですか。上がりませんか? 僕は上がる。

最近節制していた分、何かに使ってご機嫌になった方が精神的にもいいし。

まあ普通の学生なら、卒業旅行とか遊びに使えばいいじゃん、ってなるんだろうけど、僕、友達いないし。お外も出たくないし。

何か有意義な使い方をしたいなあ、と思うんだけど、むしろ死ぬほどくだらない使い方もありかなあ。JKお散歩とか風俗とか。うーん、興味ない。

 

結局、手つかずのまま卒業しちゃいそう。